読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住まい×デザイン×機能性

インテリアコーディネーターの視点で住空間に関する様々な事を紹介するブログです。

庭作り

今朝、玄関脇に植えたチューリップが一斉に土から顔を出しているのを見て元気が沸いてきました。アンティークカラーの珍しい色のチューリップ、花を咲かせるのが楽しみです。

 

私は予算オーバーで外構にあまりお金を使えなかったのでベースになる大事な部分だけ頼みました。

 

境界ラインのブロックと、フェンスを打ち付ける支柱だけは業者さんにお願いして、木のフェンスをDIYで取り付けました。

 

やはり支柱ぐらい業者さんにしてもらわないと台風で飛んで行ってしまっては危険ですからね。

 

庭は真砂土のみの何も無い状態にしてもらい、主人と2人で鉢で育てていたバラやモクレンを地植えました。

 

庭づくりにはフランスやイギリスのガーデニングを参考にしたりしてイメージを固めて行きました。

 

グリーンでペイントしたフェンスの前に黄色のバラを植えたり、フレンチ瓦を花壇の様に利用して小さな家庭菜園を作ったり。

 

南側の小道には4メートルほどの網目のフェンスがあります。

 

 その網目のフェンスの下にモッコウバラを植えました。3年が経ち、ヒョロヒョロの小さな苗だったのに今ではフェンスが見えないくらい覆い尽くしています。クレマチスやアイビーも絡ませています。

 

去年まではそんなに茂っていなくて花数も少なかったのですが、今年の枝の成長からしてたくさんの花を咲かせてくれるのを期待しながら楽しみにしています。

 

その小道の通路にはレンガを並べて両サイドにはグリーンでまとめた植物を植えました。ハーブ系の植物やアイビー、アジュガなどです。

 

 

玄関前は枕木とアンティークフェンスを組み合わせています。

 

最初は主人が鉢植えで育てていたハクモクレンを地植えしたのですが、3年経っても一向に成長しないんです。

 

多分原因は庭の赤土です。

 

カッチカチの赤土をあまり深く掘らず植えたものだから根っこが伸びきらなかったのでしょうね。

 

そこで赤土を改良してくれるすぐれ物を発見、EB-aです。土を1メートルほど掘り上げてそのEB-aを水で薄めて土に混ぜ、これまた鉢植えで育てていたオリーブの木を地植えしました。

カチカチの赤土が不思議なくらいポロポロに団粒化しました。

 

玄関が道路側に面しているので、少し視線を遮ってくれればと思っています。

 

まだ小さなオリーブですが、今年の夏たくさん枝を増やして成長してくれる事を祈っています。

 

そのオリーブの横にはアンティークショップで見つけたチムニーと赤紫色のクリスマスローズを置いています。

 

少しずつですが理想の庭に近づいていってる感じです。

 

まだまだやりたい事は沢山ありますが、時間とお金に余裕が出来たら進めていきたいと思います。

 

 

 

毎日の洗濯物を効率良く収納するには

今回は洗濯物にまつわるお話です。

 

これから新築、リフォームされる方にはぜひ考えていただきたいポイントのひとつ。

 

家族が増えるとひしひしと感じます、毎日の洗濯の大変さ。

 

独身時代は数日溜めても平気なくらい少量だったのが、家族4人になり1日でもサボろうものなら山のような洗濯物が倍となって押し寄せてきます。

 

家族4人の洗濯物を毎日干して、取り込んで、収納してってかなり大変なんです。

 

フルで仕事をしている友人は乾燥まで洗濯機でしてしまう人もいます。そして洗面所に設置した衣類収納へそのままイン。

 

私の場合は晴れの日は外に干し、真冬や雨や花粉の多い季節なんかは浴室乾燥機で乾かします。

 

今の季節はほとんど毎日浴室乾燥機で乾かしてます。8時間タイマーで夕方頃カラカラに乾いてくれます。

 

ハンガーにかけた衣類はそのままクローゼットへ、タオルや下着などはたたまないといけないのが億劫ですね。

 

時間がない時は靴下や下着など引き出しで分けてるので、たたまずそのまま突っ込んでいたり。

 

うちは家の空間に余裕が無かったので作っていませんが、家族の衣類が収納できるファミリークロークがあると、ひとまとまりで片づけることができるのでとても便利だと思います。

 

うちは子供と大人の衣類の収納場所が違うので、あっちへこっちへ運んだりするのがとても不便です。

 

洗面所近くの4.5畳の和室が洗濯物部屋と化しています。

 

この和室に家族四人の衣類をまとめたいのですが、押し入れの中には私の仕事道具やキャンプ用品など様々なものがありますので時間をかけてどこに収納するのがベストか考えていきたいと思います。

 

和室の天井に取り付けた『干すクリーン』はとても便利。

ハンガー衣類の仮置き場だったり、生乾きのものを干したり。

洗濯物がない時は天井からポールを簡単に取り外せるので見た目すっきりです。

 

これは天井下地(補強)がいるので、家の計画段階で入れとくといいですね。

 

うちはその和室と洗面所の二ヶ所だけに取り付けています。

暖房を入れっぱなしの冬はリビングにも設置すれば良かったなと思ったのですが、一度使い出すとずっと衣類がかかっていたりするのでやはりリビングはおすすめできないかも。。

 

その和室は他にもキャスター付きのハンガーパイプ、上下2段の円状の物干しがあります。

 

和室は完全に衣類に支配されています。というか洗濯部屋ですね。

 

とにかくスペースがあるのなら、4畳以上のファミリークロークがあると便利ですね。

 

そこには4人分のハンガーパイプを取り付けて、ハンガーに掛けれるものは全て掛ける。たたまなくていいから時短になりますよ。

あとは下に下着や靴下などを分類して収納出来るケースがそれぞれあると便利です。

 

外の物干しの場所もできることなら窓がない場所の外壁に取り付けてほしいです。

窓の外が洗濯物で埋め尽くされていたらちょっとがっかりですよね。

 

洗濯物をどこで乾かしどこへ収納するのか、雨の日はどうするのか、そこまで考えてプランしていくと家事もぐっとやりやすくなるはずです。

 

 

シンク周りが散らかる理由

シンク周りには何も置かずすっきりしておきたいですよね。

 

私はすぐ洗い物を放置してしまう癖があるので、シンクに溜まった調理器具やお皿などを見ると「はぁ〜。」やりたく無いとなってしまいます。

 

どうやったら洗い物が溜まることなくシンク周りが片付くのかを色々と考察してみました。

 

うちは食洗機で洗えない物や、調理器具などを手洗いしたあと、その洗った物をシンクの上にあるマルチプレートにどんどん乗せていきます。

だいたいそこで終わってしまっていたんですね。

これが1番の片付かない原因ではないかと思います。

 

私の周りでも、水切りカゴや置き型乾燥機の中に洗い物を入れたままになっているお宅はやはりキッチンも散らかり勝ちです。

 

一方で、いつ行っても綺麗に片付いてる友人のお宅は、シンク周りには何も無い状態なんです。シンクだけじゃなくキッチンカウンター上も物が無くスッキリ片付いています。

 

その友人は物が出ているのが嫌だから洗ったら直ぐに拭いて収納してしまうのだそう。

 

なるほど、そこが大きく違うとこなんだと確信しました。

 

私は直ぐに拭くことはせず、自然乾燥。しっかり乾かないと収納したくないと思ってました。

完全に乾かしたいという思いと、物を置きたくないという矛盾した思いが交差します。

 

拭いて直ぐにしまえば常に何も無い状態が保てますよね、だけど収納の中が湿気てしまうそうで躊躇しますが、ほぼ毎日使うモノたちばかりですし頻繁に移動しているからそこまで心配しなくてもいいのかなと、それよりも乾くまでいつまでもカウンター上に放置していると片付いている時がほとんどありません。

 

しばらくは洗って→拭いて→収納の流れでやってみようと思います。

 

それと食洗機の中身も放置する癖を直さなきゃなと思います。

 

 

キッチンの中のワークスペース

f:id:higumadesign:20170311121002j:plain

 

私はフリーで仕事をしていますので自宅が主な仕事場です。

 

コンパクトな家ですので、ワークスペース専用の空間を作ることは無理でした。

 

そこで考えたのはキッチンの中にワークスペースを作ってしまおうと。

 

最初は、2階のまだ使用していない子供部屋を使おうか悩んだけど、どうせ自宅にいるんだったら、家事をしながら仕事が出来たら便利だということで、やはり1階に設けることにしました。

 

キッチンの一角でカウンターチェアに腰掛け、デスクワークをしたり、コーヒーを飲んだり。

 

 

キッチンはトーヨーキッチン、カップボードは予算を抑えるためにIKEAで造作しました。

 

IKEAでは全てのパーツを自分で組み合わせることが出来るので、オリジナルのカップボードを作ることが出来ます。

 

インテリア先進国のヨーロッパメーカーですから、デザインがシンプルでおしゃれに見えるパーツが揃っています。

 

ワークスペースも兼用したかったので、幅2メートル70センチ、奥行62センチのカウンターを作りました。

 

たしか長さはもっとあったので、現場カットしました。

 

カウンターの仕上げは、無垢材のオイルフィニッシュ。セルフペイントです。

 

カウンター下のユニットと吊戸棚はキッチンの面材と合わせてホワイトに統一しています。

 

カウンターの左側には電子レンジ、炊飯ジャー、フルーツかご、コーヒーセット。

 

右側にプリンター、ノートパソコン。

 

ノートパソコンの上には、LEDの照明器具を取り付けています。好きな照明器具なのでスイッチを入れるとテンションが上がるんです。

 

そのLED照明を取り付けている吊戸棚の上部には、シーズン雑貨、中段には文房具類、下段には子供関係の書類、DM類、レシピ本、仕事の書類を収納しています。

 

プリンター上の小さなオープンラックには、カメラ、ビデオカメラ、コード、充電器などをまとめています。

 

仕事をする上で必要な物を、最短距離に置いているので、めちゃくちゃ便利がいいです。

 

コーディネーターという職業柄、何をどこに収納するかまで細かく計画しながら間取りや設備を決めていったのですが、これから家を計画される方は間取りの計画の段階で、その場所で自分が何をしたいのか、そこで使う物達をどこに収納するのかを考える事をおすすめします。

 

そうすれば完成したあとで『あそこはこうすれば良かった』と後悔する事も少ないと思います。

 

空間が限られているからこそ、最小限のスペースでいかに効率よく計画できるかがポイントです。

 

一日の大半をキッチンで過ごしている今の生活は、家事も仕事もこなす究極のワークスタイルかもしれません。

 

 

 

 

 

 

アイランド型キッチンのメリット、デメリット

体感型の住宅展示場に宿泊した際、同僚4人でワイワイ、アイランドキッチンの周りでおしゃべりしながら料理したのが、本当に楽しくて忘れられない思い出です。

 

自宅を新築した時に憧れのアイランド型キッチンを設置しました。

 

それから3年経ちましたがなかなか手ごわい相手でした、アイランドキッチンは。

 

色々と試行錯誤しましたのでメリット、デメリットをまとめてみます。

 

メリット

 ・キッチンの周りをグルッと周れる動線が便利。 

 ・見た目がおしゃれ。レンジフードもかっこいい。

 

デメリット

 ・ついつい天板の上に物を置いてしまい、キッチン兼物置と化してしまう。

 ・IH周辺、シンク周辺の汚れが丸見え。

 

まずはメリットから。

 

アイランドキッチンは周りをグルッと周れる事で動線が生まれます。

 

ひとつの大きなテーブルのようなものですよね、だから人が集まりやすい。

 

どの方向からもアプローチできますから、使わない空間が無いんです。

 

動線ってとても大事で、壁があるとそこで動きは鈍くなります。

 

壁がなく空間がつながっていると家事動線がスムーズに流れ、使い勝手のいい空間が生まれます。

 

どうしても動線が滞る場所は利用しづらく、自然と人の流れは悪くなります。

 

私の自宅キッチンはそういった意味ではとてもフレキシブルに活用できています。

 

夕食の支度をしながら、主人はIHの向かい側でカウンターチェアに腰掛けて晩酌しながら会話をしたりします。

 

ある時はそのカウンターチェアに息子が腰掛け、カウンターに新聞紙を広げ、絵の具を使ってお絵描きしたりします。

 

人が多く集う時は、キッチンを囲んで作業しながら会話が弾みます。

 

私は主に自宅で仕事をしているので、家事をしながらキッチンの中にあるワークスペースで仕事をしています。

 

このスタイルもアイランドキッチンだから活かせるスタイルです。

 

1歳の子供を見ながら、掃除洗濯をしながら、料理をしながら仕事をしています。

 

子供が小さいので家の中をぐるぐる動き回っているのですが、キッチンも通過点でしかありません。キッチンも含めて彼女の遊び場になっています。

 

キッチンの両側から行き来できるのは本当に便利です。

 

そしてデザイン性が他のスタイルのキッチンに比べて突出してますよね。

 

私はステンレスのワークトップと軽やかな脚で支えるデザインに惹かれて、トーヨーキッチンで選びました。

 

TOTOパナソニックヤマハなど他にも機能性に優れたキッチンはありますが私の場合、ほとんど見た目で決めました。笑

 

自分が好きなデザインじゃないと、毎日付き合って行かなきゃいけない相手ですからね。

 

レンジフードも天井吊りでかっこいいです。キッチンそのものがインテリアの一部です。

 

ひとつ難点があるとすれば、シンクが広すぎることでしょうか、、ここにも色々と考察することがあるので別の記事で触れようと思います。

 

 

 

次にデメリットな部分。 

 

一言で言うと、『片付けが大変』に尽きます。

 

いくら綺麗に掃除をして、カウンターの上を何もない状態にしても、

料理の度に、食材や調理器具、色々なもので埋め尽くされていきます。

 

アイランドキッチンやペニンシュラタイプのキッチンはカウンターが広く作られているので、その分、物もたくさん置けてしまいますので散らかってしまいがちです。

 

ドイツ人のキッチンはいつも綺麗に磨き上げられているというイメージがあります。

 

先日テレビでドイツ人のお宅見学をやっていました。

キッチンが綺麗な訳を聞かれていたところ、『基本的に料理をしない。』との答えが。。

『キッチンを汚したくないから料理はしない』だそうです。。

 

あまりにも期待していた答えとは逆の答えにびっくり驚きました。

 

全ての人がそうでは無いと思いますが。。

 

でもよく考えると、欧米の食文化と日本の食文化は異なるので、キッチンで使用する器具や食材って当然違いますよね。

 

日本ほど毎日の食卓がバリエーションに富んでいる国は無いと聞いたことがあります。

 

基本的に使う器具や食器、食材の多い日本人にはオープンキッチンは向いていないんじゃないかとさえ思います。

 

アメリカ映画などを見ると、ワンプレートで食事しているシーンとかよく見ますよね。

 

海外でホームステイしていた子に『夜はいつもファーストフードだった。』と聞いたことがありますし、同じようなメニューが出てくるのは日常だと。

 

一方日本では、ご飯茶碗、汁椀、メインのおかず皿、サラダ系or小鉢と食器だけでも量が半端ない。しかも家族が増えれば増えるほど倍数ですから・・・恐ろしい〜

うちは2人の子供の水筒や弁当箱、主人のでっかい弁当箱にでっかい水筒とかさばる物だらけです。。

 

気付けばカウンターの一部は容器の山。

 

出して〜しまって〜出して〜しまって〜の繰り返し、ホント主婦は大変です。

 

なんだかただの愚痴になってしまいました。。

 

結局何が言いたいのかと言うと、毎日ガッツリ料理する人にはアイランドキッチンはハードルが高いってことです!

 

でも後悔はしてないです。

 

それでも私はアイランドキッチンが気に入ってますし、手はかかるけども愛しています。

 

これからもしアイランドキッチンを購入する方がいるのなら、多少の覚悟は必要ですよ〜〜

 

 

 

 

 

分別ゴミ箱を考える

ゴミ箱ってどこに置くのか迷いますよね。

 
間取りを考える時にゴミ箱の置き場まで考えてスペースをきちんと設ける事は大切です。
 
私の自宅は作り付けの食器棚の一部分をオープンにして、そこにキャスター付きの引き出せるゴミ箱収納を設置しました。
 
ゴミ箱収納の中は、プラ、一般、カンびん、ペット、と4種類に分別していました。
 
現在は大きなスペースを取っていたキャスター付きのゴミ箱収納は撤去して、オープンスペースには椅子を置き、カウンターにはパソコンとコピー機を置いてワークスペースにしています。
元々、ワークスペースにしようと計画していたスペースだったんですが、行き場の無いゴミ箱や雑然とした小物などでその機能を果たせていませんでした。
 
ゴミ箱はどうしたのかと言うと、気に入ったゴミ箱を買うまでのつなぎで、フックにぶら下げた紙袋をゴミ箱替わりにしています。毎日紙袋に入れたゴミを外置きしている大きめのゴミ箱に捨てることによって、家の中は大きなゴミスペースが必要なくなりました。
 
ゴミ捨て日まで待っていたら、プラゴミなんてホント大量でパンパンに膨らんでしまうんですよね。毎日何かしら外出しますからそのついでに紙袋を持ってゴミ捨てに行けば億劫になりません。
 
このやり方にしてから極力ゴミを減らしたくなって、生ゴミはコンポストを作って土に埋めることにしました。ただこちらはまだ上手くいっていません。
生ゴミを仮置きして保管するのにちょうどいい入れ物がないので、ステンレスボールを使っているのですが見た目が何とも・・・
それに冬は発酵が進まないので、狭い庭の一角だけでは、直ぐに埋めるスペースがなくなってきてしまいました。
せっかく自然の肥料でいい土が作れて、一般ゴミも減らす事ができて一石二鳥だと思っていましたが、もう少し改善していかないといけないようです。。
 
限られた空間の中で、ゴミに貴重なスペースを占領されない為には、毎日こまめに外置き場なり、玄関収納なり、バルコニーなりへと移動させてあげる事がポイントかもしれません。
 
地域によって分別方法は違ってくると思いますが、私の地域では4種類です。
なかなか4分別できて気に入るデザインのゴミ箱ってないんですよね。
今一番気に入っているのはスチール製の真っ白なもので4つに分別出来ます。
お値段がそこそこするので思案中ですが、いつまでも紙袋をぶら下げて置くわけにはいかないので何とかしないとです。。
 
 
 
 
 
 

はじめまして。

フリーでインテリアコーディネーターをしています。

家に関する色々な事を書き留めていきたいと思います。

そしてそれが誰かの役に立つことが出来たら幸せです。

コーディネーターって何をしてる人なんだろう?とか、

家作りってどんな事をしていくんだろう?とか、

居心地の良い住まいってどんな風に作るのか、

そんな疑問に対して様々な切り口でご紹介していけたらなと思います。